みかんの皮について詳しく解説していきます

The skin of a mandarin orange

みかんの皮に含まれる栄養とは

みかんを食べる時は普通、果実だけを食べますよね。
しかし実は皮にも栄養が、しかも果実よりも多く含まれていることをご存知でしたか。
 みかんにはペクチン・ぺスぺリジンという成分が含まれています。
 ペクチンは主にコレステロールの低下に効果があります。
コレステロールの吸収が抑えられれば、ダイエット効果も期待できます。
 ぺスぺリジンには血流を改善したり血圧を下げる効果がある他に、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用も期待できます。
 果実にも確かに含まれているのですが、皮に含まれているペクチンは果実の4倍、ぺスぺリジンは10倍。
果実よりも皮の方が圧倒的に多いのです。
 となれば、皮に含まれているペクチンとぺスぺリジンを摂取しない手はありません。
しかしそんなことが果たして可能なのかどうか。
それが、可能なのです。
 愛媛県では、みかんをフライパンで皮ごと焼いて食べます。
焼くことで、皮に含まれる栄養が果実に移っていくのだそうです。
こうすれば、果実を食べただけでペクチンとぺスぺリジンをより多く摂取することが可能になるのです。
 みかんを10分間ほど火にかけるだけ。
皆さんもぜひ試してみてください。

季節の果物みかんについて

季節によって果物の種類は大きく変わってきます。
最近ではだいぶ寒くなってきており、冬になるとみかんをスーパーなどで多く見かける機会が増えてきます。
一般的にも好まれている果物の一つで、簡単に食べられるということと、甘くて美味しいということが人気の一つとなっています。
箱で購入する人もいたりなど、家族が多くいる家庭では一度に大量購入する人も少なくないです。
また冬になるとこたつに入りながらみかんを食べる人もいて、冬には欠かせない果物となっている人もいます。
ビタミンも豊富なので、小さい子供にも多く食べさせている家庭もあり、学校や幼稚園などでも給食やおやつとして出しているところも増えてきています。
そのまま食べても美味しい果物なんですが、調理して食べている人も中にはいます。
焼いたり煮たりしてパイやジャムにする人など色々なことにも使えることが主婦のあいだで人気となっています。
見た目がオレンジ色をしており、目立つ果物なのでりんごよりもみかんが好きだと答える人も多いです。
柔らかいのも特徴的で、小さい子供からお年寄りなど歯が頑丈でなくても食べられるので果物の中でも一番好きだと答える人は多くなってきています。
これから益々寒くなってくれば、その分箱で売られていたり、ネットで売られていたりすることが多くなってきて、友達にあげたりする人も多くなってきます。
あげてももらっても嬉しい果物なので、なくてはならない果物になっています。

Valuable information

ネズミの駆除剤

http://grg-japan.com/

マカ

http://owuctc.com/

業務用スリッパの販売

http://sanwaslipper-onlinestore.com/

レストランウエディング 名古屋

http://www.dubonnet.jp/

社会人サークル

http://www.kotocom.jp/

2015/7/16 更新